バイナリーオプションくえすと

このブログは、いつか「はいぱーバイナリトレーダー」になる事を夢見て、ハイローオーストラリアというダンジョンを冒険した記録です。

装備している武器・防具(MT4インジケーター)紹介① ボリンジャーバンド

半年かけてロトの剣(聖杯)探しました。

(まだ見つかっていません。というか無いですね。)

 

かなり辛い冒険を今も継続中です。

 

でも、やっぱり止められないんですよね・・・バイナリーオプション

 

心の底では楽しいんだと思います。

 

私は、今まで投資の経験は全くありませんでした。

テクニカル ⇒ はぁ?

チャート  ⇒ 別世界の話。

ファンダメンタルズ  ⇒ 呪文?

(でもなんかかっこいい)

 

ここでは、冒険の途中でいろんな町で見つけた武器・防具(インジケーター)を

紹介させていただければと思います。

 

武器 ⇒ オシレーター(買われすぎ、売られすぎを判断)

防具 ⇒ トレンド(レンジ、トレンドを判断)

モンスター ⇒ ローソク足

 

こんな感じでイメージして話しています。

インジケーター

まずは、ボリンジャーバンドです。

 

これを見て、「はい、はい」と思う方も多いかもしれませんが、

やっぱりこれかなと思います。

 

細かい説明は、他のブログや、Youtubeで解説されているので、

省きます。

 

本来は、ボリンジャーバンドは、トレンド系のインジケーターですが、

私は、逆張りで使っています。

 

基本的な戦い方(手法)は、下の手順でやっています。

①今の相場は、レンジ?or トレンド?

②レンジなら、水平線、ボリバンの2σ、RSI、ストキャス、MAとか絡めて、逆張り

 (根拠がいっぱい重なった時は、攻撃力高いイメージです)

 

この中でもやっぱり中心選手はボリバン(ボリンジャーバンド

インジケーター


です。

 

彼がいないところではモンスター(ローソク足)たちは

暴れたい放題好きな方にいきますが、

2σが絡むと、ぐぐっと跳ね返される(?)ように見えます。

 

基本手順の中でも、①、②どちらにもボリバンが必要です。

 

ただ、この「ボリバン」モンスターのある呪文に弱いんです。

 

それが「エクスパンション」と呼ばれる呪文を唱えた時です。

この時は、ボリバンの防御力は0です。

 

 

ボリンジャーバンド

見事に突破されて、ダメージくらいます・・・。

 

「エクスパンション」⇒トレンドの発生(の可能性)

こうなったらモンスターにいくら逆張りの攻撃をしかけても

するりとかわされてしまいます。

 

逆張りの時は「レンジ」ではないと効力がないのです。

 

そこで、登場する防具がボリバンの兄弟、

バンド幅」です。

BondsWidth

 

下から2段目の緑色の線です。

 

これをみるとレンジ状態なのか、トレンド状態なのかが分かりやすくなります。

 

通称「BandsWidth」このバンド幅が平行に動いている時は「レンジ」

なので、相手に攻撃があたりやすくなります。

 

ボリバンは有名なインジケーターですが、

バンド幅はマイナーです。

 

ほんとうは「%b」と3兄弟なのですが、私は「ボリバン」と「バンド幅」で

戦っています。
 

ボリバンなんてと思っている方も一度「バンド幅」を

使ってみてはいかがでしょうか?

 

後はエクスパンションの呪文を唱える前に

モンスター達は高い確率で、「スクイズ」してから

バンド幅に「くびれ」

ボリンジャーバンド


をつくります。

 

↓実際のチャート

ボリンジャーバンド



 

このサインが出たら、逆張りはせずに「逃げる(戦わない)」という

選択がいいと思います。 

 

Bandwidthは、 ここからダウンロードできます。

fx-mt4ea.com

 

これから少しずつ今使っている武器・防具を紹介していければと

思っています。

 

日によりますが、最近やっと勝率が70%を超えられるように

なってきました。

Japanese all-rounder