バイナリーオプションくえすと

このブログは、いつか「はいぱーバイナリトレーダー」になる事を夢見て、ハイローオーストラリアというダンジョンを冒険した記録です。

BO攻略作戦③ ヒストリカルデータ準備

またまたしばらく更新が滞ってしまいましたが、

自動化がなんとか完成しました。

 

こんなに熱中して、3年以上も分析、

勉強、改良を重ねたのは人生初です。

(まあ、2年以上は商材買いあさりましたが・・・) 

 

毎日毎日MT4とにらめっこです。

こんなに長い時間かじりつくのができたのは、

やはりどこかで好きだからですかね。

 

トータル400以上HP削られてもなお

没頭している。

 

よく言えば熱量あるし、悪く言えば依存症です。

 

この熱量を学業に生かしていれば、

もっと違った人生だったかも・・・

 

それはさておき。

 

↓こんなExe(試行錯誤の結果ver1.7まであがりました)

f:id:ice_candy_rock:20210508082457p:plain


機能は単純で、下記4機能のシンプルなものです。

①エントリー金額を自分で入力して、決められる

 (ここに入れておいた金額がハイローでエントリーされる)

 

②自動監視機能

 (監視中は↓↓↓のようになる)

f:id:ice_candy_rock:20210508082641p:plain

 

③自動監視中断機能 ←機能は実現しましたが、まだ使用した事はないですw

 (経済指標や、ローソクの動きを見てエントリーしたくない時↓↓↓)

f:id:ice_candy_rock:20210508082839p:plain

 

④アプリが終了時刻になると終了する

 

このようなシンプルなものになります。

 

ここに至るまでいろいろと紆余曲折がありましたので、

私がはまった沼を書き、皆様のお役に立てればと思います。

 

5月5日夜に完成し、今のところ5月6日、5月7日の

2日間の運用ですが、結論こわいぐらい調子いいです。

 

1万円スタートで2000円エントリーで始めました。

 

↓5月6日運用結果(8勝3敗 勝率72% +7,600円)

f:id:ice_candy_rock:20210508084146p:plain


↓5月7日運用結果(10勝1敗 勝率90% +15,850円)

f:id:ice_candy_rock:20210508084339p:plain

 

なんかこんな勝率見てしまうと、

Youtuberのくそ商材うりつける輩と同じに見えてしまいますが、

どこかで勝率が収束しない事を祈ります。

 

 

■自動化Exeの概要

プログラム言語:VB.net + Selenium

 

もともとメルカリの自動エントリープログラムをvb.net+Selenium

作成していた事を思い出し、改良した感じです。

 

ここで今更ですが、もっと早くプログラムでバックテストすべきでした。

 

バックテストが大事!

これは皆さん口酸っぱくいうのですが、

それを手で1個1個線を引いて勝った、負けたを

やっていました。

 

手でやるとまあ1年やると大変です。

しかもこのパラメータを変えるとどうだろう?

みたいな場合は初めからやり直しです。

 

3年前の自分にMQL4で検証できるようになれ!!!

と言いたいです。

 

 【はまった沼】①過去検証の時間帯について

 

<ポイント>

 BOAnalyzerはサマータイムを考慮して、

 日本時間に変換してくれる便利な機能があるのですが、

 サマータイムを意識してエントリー時間を考慮すると

 ロジックが難しくなってしまう。

f:id:ice_candy_rock:20210508104855p:plain

 

 

過去検証は下記のように実施しました。

1.FXDDのヒストリカルデータをダウンロード

  

www.fxddtrading.com

 

ここでポイントは、ハイローオーストラリアの5分取引の通貨ペアは、

17通貨ありますが、FXDDのヒストリカルデータと一致するのは、

15通貨です。

 

その為、今回は検証可能は15通貨を自動化の対象としました。

 

2.ここでポイントなのが、FXDDのヒストリカルデータは

  日本時間ではない!ということです。

  

FXDDヒストリカルデータの時間軸について | 川蝉のFX自動売買

 

こちらの方は詳しく記載してくださっていましたが、

サマータイムによってGMT+3、GMT+2との事。

 

そのため、日本時間に変換してからヒストリカルデータを

ストラテジーテスターに取り込むことにしました。

 

そこでこのお方が作成されたスクリプトで変換!

nya0nekonote.blog.fc2.com

 

いやーほんと世の中には天才の方いらっしゃいますね。

感謝感謝です。しかもFXDDのヒストリカルデータで

一部おかしいGMTも考慮されている。

 

ありがとうございます●Ω

 

3.あとはストラテジーテスターに取り込み後、

  全ての時間足に変換

 

↓こちらの方が詳しく書いてくださっていました。

minagachi.com

 

period converter ALLというスクリプトで5分~週足まで作成可能です。

 

これで、BOAnalyzerの便利機能を使用せずとも、

検証した結果は全て日本時間での勝率。

 

こうすることで、BOAnalyzerで時間別に制御しても、

日本時間(パソコンのローカル時間)でエントリーが可能になります。

 

長くなってしまったので、次回、

プログラムのポイントを解説したいと思います。

 

Japanese all-rounder